デイサービス麻の葉 デイサービス麻の葉トップ ふらっと麻の葉トップ ケアプラン麻の葉トップ NPO法人麻の葉
 デイサービス麻の葉(106号室) TEL.042-339-2008 FAX.042-339-2018 E-mail:ebato@asanoha.jp

デイサービス麻の葉
について
デイサービスの様子
ご利用の案内


■デイサービス麻の葉の作品
2019年4月中旬 トムハウスで作品展を開催しました。利用者さんといっしょに作成したカレンダーや絵手紙、折り紙、習字等を展示しました。

麻の葉作品展4 麻の葉作品展3
麻の葉作品展5 麻の葉作品展6 麻の葉作品展7
麻の葉作品展8 麻の葉作品展2 麻の葉作品展1
■デイサービス麻の葉について
*デイサービス麻の葉は
 少人数でとても家庭的な雰囲気です。
 ご利用者の皆さまが、一日楽しく和やかに過ごしていただけるように、お一人お一人のご希望を取り入れ、レクリエーションや食事の献立などを工夫しております。
 ご利用の皆さまの笑顔が私たちの宝です。
しだれ桜 *こつこつ散歩
 麻の葉は、緑豊かな公園が点在する商店街の一角にあります。毎日1時間ほど花をめで、小鳥のさえずりを聞き、小さな子どもやワンちゃんと触れ合える散歩にでかけます。
  散歩は骨の強化
につながり、美容と健康に最適です。
昼食

*レクリエーション
 柔軟体操、筋力向上体操、音楽、食事作り、習字、絵手紙、パターゴルフなどを楽しみながら健康の維持、 促進をめざします。
  初詣やお花見、紅葉狩りなど季節の行事を大切に行っています。

*昼食
 だしに食材にこだわり、健康に配慮した暖かな手作り昼食です。

七夕


デイサービス麻の葉ニュース

(2019.5月)
 先日ふらっとカフェで「最期まで口から食べる」というテーマで五島朋幸歯科医師から話を伺いました。
訪問歯科をはじめ、内科医・栄養士・リハビリスタッフと連携をとりながら、口から食べる機能を維持する為の食支援をおこなっています。嚥下する為には飲み込める形にする咀嚼が大切です。その為に歯や嚙む力・食べ物を認知する力・頬や舌の働き、唾液それらが欠かせません。
デイサービス麻の葉では、食事の前に口腔体操を取り入れ筋力を維持し、唾液が出るように努めています。

(2018.8月)
 6月末に梅雨が空け猛暑がやってきました。旬の食材を美味しく頂き元気に夏を乗り切りましょう。旬の野菜は水分が多くほてった体をクールダウンさせる効果があります。生でいただくトマト、きゅうり、レタス、スイカ。火を通していただく枝豆、インゲン、ピーマン、なす、ゴーヤなどミネラルたっぷりの野菜又、火を通すことで体の冷やしすぎを予防できます。豆類・冬瓜はむくみをとり、生姜、大葉、梅干は胃腸の働きを回復させます。旬野菜を食べることは理に適っています!

~認知症の進行を遅らせる~(2018.4月)
先月、平田進英医師より「認知症の病状と接し方」について、お話を聴きました。進行を遅らせる為には自分らしい生活を続けることが大切です。
○ 日光を浴びて、30~40分ぐらいの軽い散歩を楽しむ。
○ カレンダー、手帳を活用し予定を記入確認してもらう。
○ よく使うものは置く場所を決め名前ラベル等工夫する。
○ バランスよい食事と水分はしっかり摂る。
専門医への受診と福祉サービスを上手に活用して無理せず介護していくことが大切です。

~冬場に流行する感染症の対策~(2018.2月)
デイサービスでは、感染症予防のために、出入りの際の手洗いとうがいを実行し、こまめな水分補給をしています。家族が激しい嘔吐や下痢でノロウィルス感染が疑われた場合には、まずマスクと手袋を着用し、すばやく汚物を取り除き、消毒液(次亜塩素酸ナトリウム0.1%)でその床や回りを拭き最後に水拭きで仕上げ、換気を行うと、家族への感染を防ぐことができます。
※消毒液の作り方  500mlペットボトルの水に、そのキャップ約1・5杯のハイターやブリーチ等を加える

~認知症サポーター養成講座にて~(2017.12月)
多くの方に認知症を理解していただき地域でいつまでも、その人らしく生活できるように、ちょっとした手助けの方法を知るための講座です。
認知症の方に接する時の3つのポイントとして ①あせらせない。 ②怒らせない。 ③自尊心を傷つけない 。という事をうかがいました。
この事は実は子供から大人まで共通する話だと感じました。地域で暮らす多くの人が元気で楽しく暮らす為にもお互いを大切にして支え合えるまち作りが出来たら嬉しいと思います。

散歩で夏バテ対策!?(2017.8月)
デイサービス麻の葉では夏でも様子をみて帽子をかぶりクールネックを巻いて散歩に出かけます。途中木陰のベンチで水分補給の休憩です。持参した冷たいタオルで汗を拭き首にも巻いてうちわであおぎます。冷風が体表から熱をうばうので、涼しくなります。
夏バテ対策その1「水筒と冷タオルとうちわを持って散歩に行こう!」散歩で汗をかくと、血流がよくなり、食欲もわきます。麻の葉に戻ればスタッフ手作りの昼食です。
今日のメニューは“うな玉丼、トマトとオクラのサラダ、夏野菜の炊き合わせ、茗荷のみそ汁、デザートの桃”。夏バテ対策その2「良質のたんぱく質、ビタミン、ミネラルのバランスがとれた食事を摂ろう!」体を動かすとおなかがすいて栄養がとれ、暑い夜もぐっすり眠れますね。

作品展(2017.5月)
年1回恒例の「デイサービス麻の葉作品展」無事終了しました。絵手紙・大人のぬり絵・習字・手作り小物・みんなで力を合わせて作る、毎月のカレンダー・新聞紙で作る水きりえなどをトムハウスのギャラリーに展示しました。大勢の方にみていただき『どれも生き生きと個性豊かな楽しい作品で皆さまが楽しんで作る様子が目に浮かびます。』等のメッセージをいただきました。これからも楽しく元気に作っていきます。

呼吸(2017.3月)
人間は一生に何回呼吸をするのでしょうか。平均すると1分間に約15回、1時間に約900回、1日に約21,600回となります。呼吸は起きている時も寝ている時も常に行われています。ゆっくり吐いてゆっくり吸うという呼吸法は交感神経と副交感神経のバランスを良くするため
自立神経を安定させる効果がありますので深く長い呼吸法を意識的に日常生活へ取り入れてみてはいかがでしょうか?

冬にふえる感染症予防(2017.1月)
かぜやインフルエンザなどの感染症を予防するにはふだんの生活でのこころがけがとても大切。帰宅時の手洗い・うがいだけでなく、免疫力を高く保つために栄養バランスのとれた食事を きちんととり十分な休養・睡眠でしっかりとからだを休めることも不可欠です。冬はもちろんのこと、1年を通じた家族みんなの習慣にしてください。

その食品 まだ食べられますよ!(2016.11月)
賞味期限&消費期限 食品の期限表示を正しく理解し明日からのお買いものに役立てませんか? 
賞味期限Best-before:美味しく食べる事が出来る期限です。この期限を過ぎても、すぐ食べられないという事ではありません。開封前の期限が表示されていますので、一度開封した食品は、 期限にかかわらず、早めに食べるようにしましょう。
消費期限Use-by date:期限を過ぎたら食べない方が良いです。定められた方法により保存した場合において、腐敗、変敗その他 の劣化に伴い安全性を欠くこととなる恐れがないと認められる期限を示す年月日です。

体操と散歩(2016.3月)
デイサービス麻の葉では、午前に30分と午後に15分の体操、そして1時間の散歩を毎回行っています。歩く・立ち上がる・浴槽に足を上げて入る等の日常動作に必要な筋力をピンポイントで動かし鍛えることで 「いつまでも住み慣れた自宅で暮らす」ことを応援しています。また散歩は心身ともに癒される時間です。色鮮やかな花やその香り、青々と葉を繁らせた樹々や雲、さーっと肌に感じる風・・・歩いた後は公園のベンチにみんなで座っておしゃべりがはずみます。

寒くなると血圧が上がる!? (2015.12月)
寒くなると血管が収縮して血圧が上昇しやすくなります。又どうしても冬は塩分摂取量が増える傾向にあります。高血圧の人は急な温度変化に注意し減塩に心掛け便秘を防いだり十分な睡眠をとるように心がけましょう!!

(2015.8月)
夏に向かって暑さに負けないお茶の入れ方をTVでやっていましたので、皆さまにお伝えしたいと思います。
煎茶10gを急須に入れ氷水100ml 加え、5 分待って湯飲みに注ぎます。飲んだ後の急須を冷蔵庫に入れ保管すれば、3~4 回は同様に氷水を入れて飲むことが出来ます。その後は熱湯を加えると、渋めのカテキンたっぷりのお茶が飲めます。一日以内で使い切りましょう。この氷水出し茶には、免疫力をアップするエビガロカテキンが浸み出し、逆にカフェインはほとんど出ないので、眠る前でも安心して飲めるそうです。たくさん作っておきたい時は、煎茶10g に1ℓ の氷水を入れ、30~40 分置き茶葉を除き一日で飲みきってください。
経済的で健康にも良い、お茶の入れ方をお試しあれ!

(2015.5月)
デイサービス麻の葉では1 年中足浴を行っています。
足の健康は体全体の健康と直結しています。特に足裏は第2 の心臓ともいわれ血液循環に関係するポンプのような役割がありますが、足は心臓から最も遠く、一番血行が悪くなり冷えやすいところです。
足浴で血行がよくなり全身が温まり、リラックス効果が得られ、これからの季節、冷房対策にも効果的です。
〈家庭でできる足浴のやり方〉
足の指をのばし、かかとごと入る洗面器などに、お好みの温度(目安として36~40℃)のお湯をくるぶしまでつかる量を入れ、10 分程度つけます。
あとは、よく拭き(指の間は念入りに)、靴下をはき保温しましょう。

(2015.2月)
感染症を寄せつけないために!まず出来ることから
① 外から内に入れないこと。うがい手洗いが一番ですね。
② 抵抗力をつける。お日様に当たり外気に触れて身体に刺激を与える。
③ 内臓を大切に。消化のよい温かい食事をとりましょう。
④ これが一番大切!冷えから身体を守ろう。身体の弱ったときは冷えから病いを引き寄せるので、上手に温めて回復を早める工夫をするとよいでしょう。湯たんぽ、あんか、ホッカイロ、しょうが湯、とうがらしetc. 低温やけどにご注意を!

(2014.10月)
麻の葉では、毎月7回程音楽のレクリエーションがあります。 ピアノ、フルート、三味線、アコーディオン、サックス、打楽器、ギターなど心に響く生演奏を楽しんでいます。また毎日30分ほど全員で歌を歌っています。四季折々の歌、懐かしい唱歌や童謡、昭和歌謡などなど、音程にとらわれず大きな声で歌います。 音楽に触れることは、心癒され、心和み、そして明日への活力が生まれる大切な時間です。10/4(土)11:00~ ぜひご一緒に歌いましょう !

(2014.4月)
《足裏模様》魚の目、たこ、外反母趾、水虫、巻き爪と足のトラブルはたくさんあります。足は文句を言わずに、けなげに全身を支えて毎日耐え忍んでいます。身体のゆがみはたこが耐え、足の蒸れで水虫を養い、気がつかないうちに、大ごとになる事もよくあります。縁の下の力持ちである足裏を、時々観察してみてください。気がついた時から、お湯に足を浸し、ゆっくり温めて優しくいたわってあげて下さい。そして元気に歩きましょう!

(2014.4月)
デイサービス麻の葉では、一年中足浴を行っています。人体の足には、体全体の1/4に相当する52個の骨、60個の関節骨、214個の靭帯、数多い血管、さらに48のツボまで集中しているので、足の健康は体全体の健康と直結しているそうです。
 しかし、足は心臓から最も遠く、一番血行が悪くなり冷えやすいところです。
 そこで10分の足浴です。血行がよくなり、全身が温まり、リラックス効果が得られます!!

(2014.2月)
ノロウイルスが原因の感染性胃腸炎が広がっています。主に冬場に多発しますが、年間を通しても見られます。感染すると潜伏期間は24~48時間で症状が表われ、37~38度位の発熱、急性胃腸炎など乳幼児から高齢者に至る年齢層にかかるウイルスです。下痢の他に嘔吐も引き起こすのが特徴です。
予防は、外出後や食事の準備の前には必ずうがいと手洗いを忘れずにきちんと行うことが大切です。
嘔吐の場合は必ず使い捨ての手袋とマスクを使い塩素系漂白剤を薄めて、キッチンペーパーなどで覆い、薄めた漂白剤をかけ拭き取り、その後は使い捨ての布に薄めた漂白剤を付けて拭き取り、残りの汚物がない事を確かめて下さい。
まだまだ寒さは厳しくなって参ります。体調の管理に心がけ健康な毎日を過ごしましょう!


(2013.12月)
麻の葉合唱団! 今年もトムハウスまつりに舞台出演しました。みんながひとつになって、ともしび、埴生の宿、野ばらなどの曲を楽しく歌い、最後には会場全体で復興支援ソング「花は咲く」を合唱して、歌声がホールいっぱいに響きわたりました。発表前の緊張から、感動へ! 充実した一日でした。


(2013.10月)
 猛暑の夏が終わりました。これから涼しくなり、気になるのが『血圧』 どうしても寒くなると高くなりがちです。血圧と腎機能との関係は注目されており、日頃よりいかに減塩するかが重要です。香辛料を使ったり、酸味を活かすことで減塩が簡単にできます。また、ラーメン等の汁物などは、汁を残すのも方法です。 おいしく健やかに過ごしたいですね! ぜひお試しください。

(2013.8月)
人間の体は約60兆個の細胞からなり、息を吐くときは副交感神経が、吸うときは交感神経の働 きが活発になります。より深く長く呼吸をすることで、血液が栄養や酸素を体の末端まで運び 、代謝が上がり、不要な老廃物も排出されます。さらにリラックス効果もあり、自律神経のバ ランスも整います。
涼しい場所で腹式呼吸をしてみて下さい。また、熱中症防止の簡単な飲み物として水に少々の砂糖、塩を加えたり、あるいは梅干しを入 れて飲んだり、牛乳も良いそうです。
暑い夏を無理なくこまめに水分を補給しましょう!
 

(2013.6月)
連休中に母(91歳・本人は数え年93歳が口ぐせ)に、会ってきました。
農村に住み、足が不自由でデイサービスに週2回通っています。昨年までは、家族で買い物にでかけていましたが、本人は転ぶと家族に迷惑をかけ大変だからと外出を控え、デイ以外は自室で過ごすのみ。デイサービスはおしゃべりができ、歩行訓練ができると楽しみにしています。90歳を超えても意欲的で、アクティブな方が大勢いらっしゃる姿を見ている娘としては、何ともジレッタク、【もっと~したら】と悶々とします。
が、生活相談員から、「他人と比べず、その方のペースで、ありのままの お母様を受け入れましょう。」とアドバイスをいただき心が落ち着きました。デイサービスには、利用者、家族の悩み相談にのる生活相談員が常駐しております。いつでもご相談ください。


(2012.11月)
寒くなる少し前から、毛糸で簡単にできるアクリルモップ作りがはやっています。20㎝くらいのアクリル毛糸を針金ハンガーに取付け、手の部分を巻いて出来上がりです。皆さん指先を上手に使い、配色を考え集中して作られています。そしてかわいいハンディ-モップの出来上がりです。
ぜひ、皆さんも作ってみませんか? ちょっとの掃除にもってこいです。


都指定事業者番号1375000609 デイサービス麻の葉

 
Copyright (C) 2012 NPO法人 麻の葉 All Rights Reserved.